作業療法士専門学校は昼間と夜間のどちらがおすすめ?選び方のポイント

       
公開日:2023/05/15  

作業療法士専門学校には昼間部と夜間部がありますが、どちらに通うのがいいでしょうか?それぞれにメリットとデメリットがあるため、自身の状況に合わせて選択しましょう。この記事では、作業療法士専門学校の昼間部と夜間部の違いに加え、選び方のポイントについて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

作業療法士専門学校の学び方は昼間と夜間の2つ

作業療法士専門学校には、一般的な学校と同様に、昼間に授業する昼間部と、夕方以降に授業を行う夜間部が設けられています。高校卒業後、すぐに作業療法士専門学校に入学する人は、昼間部を選択する人が多いでしょう。

一方、社会人として働きながら作業療法士専門学校に通う人は、仕事が終わる夕方以降に授業を受ける、夜間部に通う傾向があります。また、家事や育児をしており、パートナーが仕事から帰宅した夕方以降であれば授業を受けられる余裕がある人が、作業療法士を目指すため、夜間部に通うケースもあります。

いずれの場合も、自分の生活の中で通えるコースを選ぶのが重要です。

昼間授業と夜間授業の違いとそれぞれのメリット・デメリット

昼間と夜間には、さまざまな違いがあります。また、それぞれにメリットとデメリットがあります。両者の違いを確認していきましょう。

昼間部の特徴

昼間部は、昼間に授業が行われるため、朝起きて夜に寝る、規則正しい生活ができます。しっかりと睡眠時間が確保できるため、体調を崩すことが少なく、ペースを守った学習が可能です。

作業療法士専門学校で必ず実施される実習も昼間に行われることがほとんどです。通常の授業と同様の昼間に行われるため、特別なスケジューリングが必要ありません。さらに、授業後の時間に余裕があるため、アルバイトをしたり、不明点を質問したりと、幅広い使い方ができる点もメリットです。

一方で、朝から授業が始まるため、一般的な職業では通うのが困難です。昼間は働けないため、どうしても親の収入や自身の貯金を取り崩すことが多く、生活する上での金銭面に不安を抱える人は続けにくいかもしれません。さらに、1日の授業数が多く、集中力が続きづらいというデメリットもあります。

夜間部の特徴

夜間部は、仕事をしながら学べるのが一番のメリットです。仕事が終わってから、作業療法士専門学校で学ぶというサイクルが守れるかぎり、充実した1日を過ごせるでしょう。

また、現在働いている会社から作業療法士への転職や、ステップアップにも有利です。働きながらスキルアップが可能なため、就職活動の長期化による収入減とキャリアの空白期間が発生しづらいメリットがあります。

また、学費を稼ぎながら通いたい人にもおすすめです。作業療法士専門学校には、病院や施設からリハビリ助手など、多くの求人が寄せられます。作業療法士の世界に慣れながら学ぶことで、授業の理解も早く、作業療法士となった後の仕事もイメージしやすいのもメリットです。

うれしいことに、昼間部に比べ学費が安いケースが多いこともメリットのひとつです。また、1日の授業時間が少ない傾向があるため、集中力を維持しやすいというメリットもあります。

一方で、働きながら学ぶスタイルは、体に対する負担が増えます。仕事で疲れてしまい、学ぶ体力が残らないケースも多数あります。また、仕事にトラブルはつきもので、専門学校を休まなければならないこともあるでしょう。

休んだ後は後れを取り戻さなければなりません。したがって、スケジュール管理とリカバリー能力がないと、夜間部は難しいといえます。加えて、1日の授業数が短いことから、土曜日に授業をする専門学校もあり、卒業までに4年かかるケースがあることに注意が必要です。

忙しい人でも大丈夫!作業療法士専門学校の夜間授業がおすすめの理由

デメリットもありますが、作業療法士専門学校は、夜間部に通うのがおすすめです。昼間部よりも授業が少なく、国家試験に必要な最低限に絞られています。よって、時間に対して得られる知識の効率がよく、最短で作業療法士の国家試験の受験資格が得られるというメリットがあります。しかし、あくまで最小限の内容であるため、自ら工夫し、知識を補完することを心がけましょう。

もうひとつのメリットは、多彩な考え方を吸収できる点です。夜間部は社会人が多いため、昼間部より年齢層が高いのが特徴です。また、夜間部は働きながら通う人がほとんどであるため、多彩な経歴をもった人たちが集まります。昼間部では出会うことのない人たちによる、幅広い視点や考え方を吸収できます。

夜間部で得られる視点は、作業療法士になるためだけでなく、違うキャリア、違う人生にも活かされます。

まとめ

作業療法士専門学校における、昼間部と夜間部の違いに加え、選び方のポイントについて詳しく解説してきました。作業療法士専門学校には、昼間部と夜間部があり、それぞれに特徴があります。

とくにおすすめしたいのは、働きながら通えるという特徴をもつ夜間部です。昼間部に比べ授業の数が少ない分、内容が凝縮されており学習効率がよく、最短で作業療法士の国家試験の受験要件を満たせます。

幅広い年代や経験を持つ人たちと触れ合うことで、多くの発見ができるのも夜間部の特徴です。作業療法士専門学校へ通おうと考えている方、夜間部もぜひ検討してみてください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

医療・福祉の分野で人の役に立ちたい、人の心身に寄り添う仕事がしたいという思いから、作業療法士を目指す方も多いのではないでしょうか。しかし、すでに社会人として働いている方にとって、新たな資格取

続きを読む

40代からでも作業療法士を目指すことは可能ですが、不安や疑問を抱える方も多いかもしれません。年齢を気にせず、夢を追い求めることは素晴らしい決断です。この記事では、40代から作業療法士を目指す

続きを読む

理学療法士を目指す方のために、名古屋でおすすめの理学療法士専門学校を3校紹介します。どの専門学校も国試合格率と就職率が高く、しっかりと対策しているため安心して就職活動ができる点が魅力です。卒

続きを読む

「作業療法士専門学校って、どうやって選べばいいの」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?作業療法士になるためには養成校で学ぶ必要がありますが、数多くの養成校の中から自分に合う専門学校を探

続きを読む

作業療法士の将来性は、急速に拡大する医療分野で注目されています。高齢化社会やリハビリニーズに伴う需要増加から、その重要性は増すばかり。本記事では、作業療法士の現状と今後の需要の予測を探りつつ

続きを読む

本記事では、作業療法士の平均給与水準に加え、キャリアアップやスキル向上による収入増加の具体的な方法を解説します。さらに、市場で求められるスペシャリストとしての価値を高め、給与アップを目指すポ

続きを読む

作業療法士にとって、英語力は必要不可欠な要素でしょうか?じつは、作業療法士にとって英語力は有用なスキルであるといえます。国際的な視野を持ち、最新の情報にアクセスする能力を高めるためにも、英語

続きを読む

理学療法士は国家資格が必須の専門職であり、増え続ける高齢者を背景に、その需要はますます高まっています。そんな理学療法士になるには大学や専門学校で学ぶ必要があるわけですが、いざ探すと数多くの校

続きを読む

作業療法士は病院だけで勤務していると思う人もいるでしょう。病院などの医療施設で勤務している人の割合が多いので、そのように思われていますが、介護施設や老人ホームなどで勤務している人もいます。そ

続きを読む

身体の悩みを抱えている人をサポートしたいと考えている人の中には、リハビリの専門職を目指す方も多いでしょう。そして、リハビリの専門職として、作業療法士と理学療法士があります。本記事では、よく混

続きを読む